派遣の求人

正社員とパートの中間のような立場にあるのが派遣社員です。ニュースなどでも大きく取り上げられることがある派遣社員ですが、この雇用形態の場合メリットもデメリットも両方存在しています。そのため、派遣社員を選択したいと思った方は両方をきちんと知ってフェアな立場で判断をすることが大切です。

派遣社員は基本的に時給制で働きます。また勤務時間が長い求人が多く、正社員と同じ勤務時間になっている会社も多くあります。正社員と同じ程度の仕事内容を持ち、時給制で働くのが派遣社員と言ってもいいかもしれません。派遣社員は契約期間が決まっており、契約満了になったら次の仕事を探さなければなりません。契約満了になったたびに仕事を探すのでとても不安定な立場だと言えるかもしれません。しかし給料面ではメリットがあり時給制ですが時給が一般的に高く、月給で計算をしてみると正社員よりも高くなる場合があります。正社員にはボーナスがありますが、ボーナスが支給されない会社の場合、トータルで考えると派遣社員の方が月給が高いケースも実はあります。

派遣社員の最大のメリットは会社の煩わしい人間関係から切り離されるという点です。正社員になると会社の行事に強制参加させられますし、飲み会などにも参加しなければなりません。しかし派遣社員は正社員ではなため、こういった行事などに参加する必要がありません。人間関係で悩みたくないという方は派遣社員を選択して求人を探した方がいいでしょう。

パートの求人

他の雇用形態に比べて勤務時間が一般的に短いのがパートです。求人を見てみるとパートだと午前中だけや午後のみといったものもあります。ただ中には長時間のパートもあります。パートの場合は時給制で働きます。したがって勤務時間外で働けばさらに時給分が加算されますし、サービス残業といったものはあまり見られません。その点では給料面ではっきりしており、グレーな部分がないと言えるでしょう。パート勤務を選択しているのは主婦の方が多く見られますが、主婦の方は家事など自宅での仕事もあるため、長時間の勤務は難しいものです。ですから短い時間だけ働くというパートが最も向いていると言えるでしょう。しかし子供が大きくなったりした場合で正社員として働くことができる主婦だと正社員になっているケースも見られます。

パートのメリットは責任がないという点でしょう。全くないわけではありませんが、正社員ほど責任を問われることがないため、気分的に楽という面はメリットと言えるのではないでしょうか。また主婦の方の場合、子どもが熱を出したりして早退しなければならないことがあります。こんな時にはパートの場合早退や休みが取りやすいという点も大きなメリットでしょう。子どもさんの体調が悪くなりやすい方はパート勤務が最も合っていると言えます。

正社員の求人

月給制で働くのは正社員しかありません。正社員になると勤務時間が決められており、その中で基本的には働きます。しかし多くの労働者は勤務外でも働くことが多く、この点では派遣社員やパートとは違っていますし、デメリットの場合があります。正社員では月給の他にボーナスが支給される会社もあります。以前では多くの会社でボーナスが支給されていましたが、最近では不況の関係でボーナスが支給されない会社も増えてきています。また退職金制度も正社員だけに見られる特徴です。会社で長く働くにつれて退職金が増えていきますが、ボーナスと同様に最近では退職金が支給されない、支給されてもわずかという会社が増えています。そのため、以前のように正社員になれば安泰という時代ではなくなってきています。

正社員のメリットとして厚生年金や社会保険に加入できるという点でしょう。パートの場合になると国民年金に加入する方などがいますが、正社員であれば一般的には厚生年金に加入します。また会社が保険料の半額を支払ってくれる点は大きなメリットと言えるでしょう。また正社員の場合には派遣社員のように契約期間などはなく、次の仕事を探す必要がない点がメリットと言えるでしょう。派遣社員は正社員と同じく給料が高いですが、雇用期間が定められており、その点は不安定な立場と言えるでしょう。

雇用形態別求人

ハローワークやネット上のサイトには様々な求人情報があり、その中には様々な雇用形態があります。今後仕事を探そうと思った際にはまず第一に雇用形態を考えてみることが大切です。自分の希望はそれぞれ異なっています。その希望に合った雇用形態をまず絞り込み、そこから希望する職種や給料などを考えて行動していくことが大切です。このサイトでは雇用形態別の求人について、特徴を説明しています。自分に最も合っている雇用形態を、このサイトを参考にしながら考えてみてください。

大きく分けて雇用の形は正社員、派遣社員、パートに分けられます。期間社員や臨時などもありますが、多くはこれら3つになります。それぞれの形態では特徴が大きく異なっています。月給制で働くという点では正社員しかありませんが、給料の高さを考えてみると正社員が最も大きいとは実際には言えないものです。派遣社員も時給や労働時間を考えると、月給で計算してみると正社員より高くなるケースも見られます。

主婦など働く時間に限りがある場合には正社員は向いていないものです。この場合パート勤務が向いていると言えるでしょう。しかしパートでも時給が高いものがあり、月給にしてみると正社員並みになる求人もあります。パートといっても様々な業種がありますが、家事代行の「ミニメイド・サービス」では業界最高の給与を実現しています。高給なだけでなく、研修制度や、チャレンジ制度など、昇給のチャンスも多いので、パートであっても少ない勤務時間で充分なお給料が見込めるのは嬉しいシステムです。

業界最高の給与水準

ミニメイド・サービスは高水準のサービス提供と業界最高の給与を実現しています。給与が高いだけでなく、研修やチャレンジの制度を設け、昇級チャンスも沢山あります。

こうした点から見ても、今では正社員が給料などの面で恵まれているとは言えない時代です。給料面だけではなく、周囲に迷惑をかけないような、無理のない生活について考えながら最も適した雇用形態を検討することが大切です。